2005年11月24日 (木曜日)

昨今のマンション事件に関して

今週に入ってワイドショー・ニュース等でかなり過熱気味に報道されているマンション等建物の耐震強度計算偽造事件。まあ偽造というか捏造なんですけど。構造計算を行った設計士、その確認審査を行った会社、建築主、住民等々 連日いろんな人がテレビに登場して、自分の考え・立場を切々とお話になっていますが・・・・僕自身、分野は違いますが新築マンション等に携わる仕事をしており、耐震、、とまではいかなくとも、風圧荷重計算書(屋上に設置される商品が風速何mまで耐えうるか計算したもの)というものをかなりの頻度で作成する身としては・・・・・

  • 耐震計算を捏造した設計士 → まあ、フォローは出来ないですね。僕も規格に耐えうる商品とコストの狭間で悩むことがありますが、不正は自分へ跳ね返ってきます。
  • 確認審査を行った会社 → どちらかというとここが悪いような気がします。おそらく現在の耐震計算の算出がコンピューターによるものなのでほぼノーチェックだったのではないでしょうか?
  • 建築主 → ようは販売主ですね。当然、瑕疵期間中ですので補償は絶対です。表面上は加害者なのです。当然建設依頼先との関係は被害者ですがそれを表に出すべきじゃないですね。テレビが不良品でメーカーにクレームつけたら、「いや、下請けの工場のミスだ!」って言われるようなもんです。
  • 住民 → 一番やっかいなのがこの人達。気の毒だとは思いますが、ここぞとばかりに市や区などの行政へ攻撃をかけている人がいます。行政が補償しろ、移転先を確保しろうんぬん・・・ 違うでしょ・・・ 攻撃先は行政ではないしそれにそんなことで税金を使わないで下さい。

ふぅ~。言い過ぎたかな・・・ でもこれだけは言っておきますが、特にここ数年は建築会社等々による現場・書類等の検査・監査はどの建築現場においても凄く厳しいです。はい・・

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|