2006年12月16日 (土曜日)

80’s ②

①を書いてからかなり久々ですね。

ネットでニュースを見てたら、あの「あみん」が24年ぶりに活動を復活させるとのこと。「待つわ」がヒットしてたのはたしか僕が小学校6年生のころ。そのころ深夜ラジオにはまり始めて、隠れて聞いていた番組でよく流れていたのを思い出します。

さて本題。あみんの復活に刺激されたわけではないのですが同じ女性デュエット、BaBe。
87年にGive Me Upでデビューした近藤智子と二階堂ゆかりの2人組です。
デビュー曲はMichael Fortunatiのカバー曲です。それ以降もカバー曲が何曲かありますが、その当時は洋楽のカバー(それも当時はやっていたユーロビートの曲)がかなり流行っていて、翌年デビューしたWinkもそのはやりに乗って人気になりましたね。
ただ、その当時のアイドル的な歌手の中では歌唱力はしっかりしていたと思います。
活動自体は短かったのですが、僕の中ではかなりインパクトの強い2人組でした。

Bb1

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年10月23日 (月曜日)

温故知新

ここ最近古きを温めています。

80’sの寄せ集めCDを作るべく、とりあえず現在所有しているCDを駆使して曲をパソコンに落としています。
過去のBillboard、Cash Box、Radio & Records等のチャートから600曲程度ピックアップ(これでもピックアップ)しリストにしてみたのですが、手持ちのCDだけでは100曲程度しか集まりませんでした。
実家にあるLPやらカセットテープ(古)、スカパー!から録音したMDなんかが使えれば簡単に数千曲集まるとは思うのですが・・・・ 足らずはゆっくり集めますか^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年10月15日 (日曜日)

なんとなく懐かしんでみる

久々に80年代の話。(歳を重ねるほどに昔のことを話したがります)

僕が洋楽に出会ったのは中学1年の終わりか2年の始めあたり。
小学校高学年あたりから夜中にこっそりラジオの深夜放送を聞き始め、音楽というものにそのころから徐々に触れ始めていたのですが(その当時の深夜放送といえば「ヤンリク(ABC)」です)、中学になると深夜放送に加えてちょっとおしゃれなFM放送を聞くようになりました。
そのFM放送(今でこそ地元の民放FM局があるのですがその当時はNHK-FMしかなく、自慢のラジカセでは少し離れたFM大阪は受信できませんでした)で聞いた洋楽はかなり衝撃的でその後徐々に洋楽の世界にはまっていきました。

ちょうど当時はアメリカンチャートにブリティッシュロック・ポップが大挙攻め込んでいた時代で、加えてアイドル的なルックスのバンドがかなりあったため同級生の女の子の話題の中心でもありましたね。
僕はと言えば、毎週のアメリカンチャート(ビルボード)をチェックしその当時あたりから主流となっていくPVを扱う番組・・・つまり「MTV」や「ベストヒットUSA」を欠かさず見ておりました
あと知ってる人は知っているSUNテレビで夕方やっていた「ポップベティハウス」は次の日の学校の話のネタでしたよ^^(今PCの前で「お~!」とか叫んで昔が蘇ってきた人はコメントよろしく)
その後高校を卒業して大学に入学したあたりから、そういった番組が少なくなりそれに加えてチャートチェックをする時間がなくなってしまったので、それ以降の洋楽には疎くなってしまったのですが、83年あたりから89年くらいまでの洋楽は今でも時々聴いて昔を懐かしんでいます。

この辺の話を始めるときりがないので続きはまた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年6月 1日 (木曜日)

80’s ①

思い出したようにマイブーム(死語か?)となりつつある80年代。普段から専らレンタル派なのですが(昔はCDを買いまくっていたのですが今はお小遣いがないッス・・・)先日近藤真彦のCDを借りたのがブームにさらに火をつけてしまったようです。
そんな中今日借りてきたCDは「シブがき隊」と「C-C-B」
「C-C-B」に関して、、ドラマ「毎度お騒がせします」の主題歌でブレイクした彼ら。当時かなり目立つカラフルヘアーが話題となって割とアイドル的なバンドという感じの扱われ方をしていたように思います。しかし僕自身は結成当時の中心メンバーである関口誠のギターセンスと渡辺英樹のチョッパーベースが大好きでした。初期の曲も好きなのですが、中期あたりからの少しクセのある曲調がよかったなあ~(「不自然な君が好き」なんて関口色が思いっきり出てます)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|